さつきホームクリニックでできること

訪問栄養食事支援

食を通じて暮らしを豊かに

つきホームクリニックの訪問栄養食事支援

当クリニックの管理栄養士がご自宅へ伺い、食事の用意の仕方や摂り方などの食事支援を行います。在宅療養中でも、無理せず穏やかに食生活が楽しめるように、また最期まで口から食べられるように、食と栄養の支援をさせていただきます。

あなたの「食べたい!」を応援します

「家族と同じ食事が食べたい」「好物だった〇〇をまた食べられるようになりたい」といったご希望に合わせてサポートします。口腔機能回復を目指した口腔機能トレーニングや、ちょうどよい食事形態の調理指導などを行います。

食事形態=料理を刻んだり、ミキサーにかけたり、ペースト状にゆるめたりして食べやすさを工夫した状態

在宅療養にはエネルギーが大切!

リハビリテーションを頑張ったり、褥瘡(床ずれ)の傷を治したりするには、たくさんのエネルギーが必要になります。利用者さまの体力や全身の栄養状態をみながら、効率的な栄養補給を目指します。

リハビリテーションと栄養支援でベストなご提案を

「飲み込みづらい」「体力をつけたい」といったそれぞれのお悩みに応じて、リハビリスタッフと管理栄養士が一緒にサポートさせていただくことも可能です。

象となる方

在宅療養中の方

がん、慢性疾患、摂食嚥下機能の低下、低栄養状態などで、医師から栄養管理が必要であると判断された方

食欲がなく急に痩せてしまった方

よく噛めない、飲み込みづらいといった問題がある方

管理栄養士に食事の不安を相談したい方

利用の流れ

  1. 訪問栄養食事支援のご依頼
    訪問診療の際に当クリニックのスタッフにお声がけいただくか、お電話(028-688-0456)かメールフォームにてご連絡ください。
  2. 初回訪問・アセスメント
    管理栄養士がご自宅へ伺い、現在のお食事内容や食事に対するご希望などをお聞きします。どれくらいの栄養が摂れているのか、栄養素に過不足はないか、などを状態評価(アセスメント)し、支援を行います。
  3. 食事支援の開始
    訪問日を設定し、食事支援を開始します。利用者さまの症状や生活環境に合わせて、栄養管理の方法やお食事の用意の仕方、ご希望に応じて調理指導も行います。調理指導では、実際に召し上がっていただき、食形態や姿勢、介助の仕方などをアドバイスいたします。
    食事支援は1回につき30分~1時間を目安に行います。
  4. サービスの継続・終了
    医師からの指示内容を達成し、利用者さまご家族のご希望に沿った食生活が送れるようになったら栄養支援は終了となります。終了後も、経過観察期間の継続(おおよそ1カ月~3カ月間)や、電話相談をご利用いただけます。

利用料金

介護保険をご利用の場合、月に2回までで、1回あたり500円程度~です(介護保険負担割合による)。

医療保険のご利用はご相談ください。

実地指導で材料などを持ち込む必要がある場合、材料費などは利用者さまの実費負担となります。(必ず利用者さまの了解を事前に確認いたします)

訪問にかかる交通費はいただきません。

問い合わせ

訪問栄養食事支援について、お電話かメールフォームにて、お気軽にご相談ください。

さつきホームクリニック訪問栄養担当 管理栄養士

TEL 028-688-0456
(平日9:30~17:00)

お問い合わせメールフォームはこちら